解体工事の利用方法について


あまり機会のないことですが、一生に一度や二度は建物の解体をすることがあります。例えば新しい家を建てる時や、もう使わなくなった建物を壊す時などは古い建物を解体します。その時に解体工事をどのように頼めばいいのか、体験する機会が少ないので不安になります。建物を建て替える時に解体する場合は建設業者に頼む方法があります。建て替えを頼むと解体工事もセットになっていることが多いので、そのままは頼むことができます。ただそのような形で頼んだ場合は建物を建てる業者と、解体する業者は違うので余計な負担が発生します。いわゆる中間マージンの負担が増えるのでデメリットがあります。それを避けるためには解体業者を別に雇う必要があり、別の業者に頼めば安くすみます。その場合は解体業者を選ぶ責任が発生するので、慎重に吟味しないと困ったことが起きます。解体をするときに負担になりやすいのは、建設廃棄物の処理でこれが料金の3分の1を占めます。悪質な業者だとこれを不法投棄することがあり、その場合は頼んだ人も責任を問われます。解体業者の選び方は国が認めた書類や資格がいくつかあるので、その全てを提出してもらうといいです。予め確認をしておけば問題になりづらいですが、解体作業を依頼するのはそれなりに負担があります。建て替えで解体工事を利用する時に、面倒に感じるならば建設業者に頼むといいです。そうではなく少しでも低価格にしたいならば、自分で業者選定をすれば安くなります。