解体工事はどのように行うのか

個人の住宅や、アパートやマンションなどの集合住宅、またビルなど、老朽化に伴って解体しなければならないことがあります。また、同じ敷地に新しく家を建てたい場合にも、まずは今建っている家を解体しなければなりません。どういった業者が解体するのかというと、ハウスメーカーや工務店が行うのではなく、その下請けの会社が解体工事を行うことが一般的です。解体業者はたくさんいますが、同じ工事でも解体にかかる費用は業者によって異なることがあります。中には費用を上乗せしてくる悪徳業者もいますので、依頼する前に複数の業者から見積もりを取って、比較した上で依頼すると安心です。解体業者の中には、ビル等の修繕や清掃やメンテナンスを行っている会社もあります。建築物は長い間使用していると、どうしても外壁などに汚れがついてしまいますので、業者に依頼して定期的に清掃しておくと、美観を保てたり印象が良くなります。建築物の清掃やメンテナンスは、高いところに登って行わなくてはならないことも多いので、素人がやるのは危険であり、専門の業者に依頼すべきです。解体工事にかかる期間も、その業者によって異なります。建て替えなど、できるだけスムーズに解体してもらいたい時には、依頼する前にきちんと必要な期間についても確認しておく必要があります。解体工事を行う時には、家の周りをネット状の物で囲って、粉塵や外壁が飛び散らないようにして、まわりに迷惑がかからないようにすることが大切です。

家屋の解体工事の内容や注意点について

築年数が経過して老朽化した家屋は放置すると倒壊のおそれがあるため、解体工事を行う必要があります。建物の解体は闇雲に壊すのではなく、決められた手順に沿って作業を行うことが大切です。特に他の建物と隣接している場合は細心の注意を払い、周囲の安全の確保に気を配るように心がけます。解体工事の手順は対象の建物の建築方式や建材によって異なります。一般的には窓ガラスやドアなどを取り除いた後に、内部の壁や柱を撤去してから最後に外壁の解体を行いますが、建物によってはまとめて一度に解体することがあります。また、解体工事を行う際には作業員の安全を確保することも重要になります。特に築年数が長い建物は、現在では規制によって使用できない危険な建材を使用している場合があるのでマスクや防護服などを使用して健康面での安全に配慮することが大切です。また、作業員への安全教育を徹底することも作業現場でのトラブルを回避するための有効な手段です。建物の解体は大勢の作業員がそれぞれの役割に沿って適切な行動を取ることが求められます。解体用の工具や作業車両も使用するので、重大な事故が発生しないように注意する心構えが必要になります。建物の解体は騒音や振動が発生し、粉塵が舞い上がることもあるので周辺の環境にも配慮するように気をつけます。近年では作業効率を向上させるために工具が改良されたり、建物の解体の手順の新しい方式が開発されています。

解体工事の利用方法について

あまり機会のないことですが、一生に一度や二度は建物の解体をすることがあります。例えば新しい家を建てる時や、もう使わなくなった建物を壊す時などは古い建物を解体します。その時に解体工事をどのように頼めばいいのか、体験する機会が少ないので不安になります。建物を建て替える時に解体する場合は建設業者に頼む方法があります。建て替えを頼むと解体工事もセットになっていることが多いので、そのままは頼むことができます。ただそのような形で頼んだ場合は建物を建てる業者と、解体する業者は違うので余計な負担が発生します。いわゆる中間マージンの負担が増えるのでデメリットがあります。それを避けるためには解体業者を別に雇う必要があり、別の業者に頼めば安くすみます。その場合は解体業者を選ぶ責任が発生するので、慎重に吟味しないと困ったことが起きます。解体をするときに負担になりやすいのは、建設廃棄物の処理でこれが料金の3分の1を占めます。悪質な業者だとこれを不法投棄することがあり、その場合は頼んだ人も責任を問われます。解体業者の選び方は国が認めた書類や資格がいくつかあるので、その全てを提出してもらうといいです。予め確認をしておけば問題になりづらいですが、解体作業を依頼するのはそれなりに負担があります。建て替えで解体工事を利用する時に、面倒に感じるならば建設業者に頼むといいです。そうではなく少しでも低価格にしたいならば、自分で業者選定をすれば安くなります。